読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【改】33歳 酒好き女の妊娠出産・育児記

「酒好き女の妊娠記」改、「妊娠出産・育児記」として書いていきます。

バチェラージャパンに学ぶ「選ばれる女性」とは

「好きになってもらえない」「結婚できない」

これはわたしが今までの人生の中で散々酒の肴にしてきたフレーズだ。

結婚したい、選ばれたいと口にしておきながら、いつだって心の中では「ありのままのわたしを好きになってくれる人でなければイヤ!!」と頑としておもっていた。

 

毎日大量のお酒を飲んで

泥酔して「コンクリートって冷たい」とかいいながら道で寝て

感情の起伏が激しいから、温かく受け止めてくれる穏やかな人がよくて

自分は束縛されるの大っ嫌いなくせに、相手には過干渉したくて

一生自分の好きなことを追いかけ続けていきたい!

YES!アイム ア ドリーマー!

 

冷静になって考えてみれば、わたしが男だったらこんな女絶対に選びたくない。

なのに当時のわたしは「なぜわたしは選ばれないの?」と本気で悩んでいたのだ。

 

「選ばれる側」にいる女性は選ばれるだけの理由があるのだと、バチェラージャパンをみて今更ながら知った。

すべての素をさらけだし、さぁ!ありのままの自分を好きになってくれ!というのでは恋愛はうまくいくはずがない。もちろんお互いに素の部分を見せていくのは重要だが、これは付き合って関係を深めていく中でやっていけば十分だ。

まずはスタートラインにつかなければ何も始まらないのだから。

 

■バチェラージャパンから学ぶ 選ばれる女性とは

それでは早速見ていこう。

 

①「本当のわたし」についてを語らない女

前の記事でも書いたが

勝手に評論 「女の自分語りの落とし穴」 - 【改】33歳 酒好き女の妊娠出産・育児記

女は概して自分語りをしたがる。そして大概のそれはネガティブな内容だ。

「あなたにもっと知ってもらいたいから話すのだけどー・・・」

女性は男性とぐっと距離を縮めるためにこの戦略を使うことがあるが、これはマイナスに作用してしまうケースが多い。

「よく皆からは「明るいね」って言われるけれど、本当のわたしって実は根暗なの・・・」

男性は耳で聞いたこと、目にしたことを信じる。女性から発せられた言葉の裏を読むなんてことはできない。

ある程度仲がよく、いい関係ができている場合、男性は「今」の自分を気に入ってくれているケースが多い。それを一気に距離を詰めようとするがあまり、ネガティブな自分語りをすると全てがぶち壊しになってしまうのだ。

 

「選ばれる女性」は自分の姿を自分で語らない。相手の想像力をかきたてることはしても、だ。

 

②癒し系の女

女性には本当に様々なタイプがいる。

 

元気な妹系

ゴージャス艶やか系

ほんわか天然系

クールな知的系

 

いろんなタイプがいるけれど、やっぱり「癒し系」の女性が好まれる

勝手に評論「モテるオンナとは」 - 【改】33歳 酒好き女の妊娠出産・育児記

そんなのわかっている!でもわたしは癒し系ってキャラではないし!という女性も多いことだろう。

しかしバチェラーで最後まで残っていた女性たち、いろいろなキャラクターの女性がいたが彼女たちすべての共通項は「癒し系」だったということだ。

キャラクターは掛け算できる。

ゆきぽよは「げんきでムードメーカーな妹系女子」×「癒し系」

あかねちんは「サバサバ姐御肌系女子」×「癒し系」

ジャンルは違うにせよ、一緒にいる人を安心させるような温かさが彼女たちにはあったと思う。

すでに自分に定着しているキャラクターがだれにでもある。それを癒し系にシフトするのではなく、癒し系を掛け算することが重要なのである。

 

③目で語りかける女

目は口ほどにものをいう

というがこれは本当だ。

どんなに口で相手を褒めたたえ、自分をアピールしたとしても、じっとりと熱を持った目線にはかなわない(むしろ気持ちを口に出しすぎると軽く受け取られたり、おしゃべりだと思われてしまう)。

「なぜだか目で追ってしまう」

「いつも何かを目で訴えかけてきていた」

これは久保さんが愛ちゃんによく言っていた言葉。

目で送られたメッセージは、相手の想像力をかきたてる。

『ひょっとしたらこう思っているのかな、こうだったらいいな』

期待と不安といろんなものが入り混じり、どきどきが加速するのだ。

 

目を制する者はすべてを制す

 

女は黙って目で語るべし。

 

④いいギャップを見せる

人間はやはりギャップに弱い。

不良少年が捨て犬に傘をさしかけていれば、相手が多少不細工だろうと恋に落ちる自信がある。

ギャップはその幅が大きければ大きいほど相手にインパクトを与えることができる。しかし重要なのはそのギャップが両方とも「ポジティブ」なものであること。

ギャップも掛け算。

差が大きかったとしても、ひとつがネガティブな側面であればガクっとマイナスイメージに触れてしまう。ギャップのいい差が重要なのだ(勝手に評論「ギャップのいい差が恋愛を制す」 - 【改】33歳 酒好き女の妊娠出産・育児記)

 

⑤サービス精神を忘れない

恋愛対象として選ばれる女性と結婚相手として選ばれる女性は違う。

結婚相手になりたいのであれば、「サービス精神」を絶対に忘れてはいけない。

尽くしてもらうのではなく、自分も相手を楽しませる努力を。

勝手に評論「結婚相手に選ばれるために必要なものは」 - 【改】33歳 酒好き女の妊娠出産・育児記

 

バチェラージャパンに出演している女性たちをみて、自分の恋愛戦闘力がどれだけヘボったかを改めて認識し衝撃を受けた。

まじで戦場でパンツ一丁、そこらへんに落ちている木の枝拾って剣士の物まねしてたぐらいの戦闘力・・・

 

バチェラージャパン、おもしろいだけでなく勉強にもなるなんて!すごい番組だ。

シーズン2が楽しみだなぁ。