【改】33歳 酒好き女の妊娠出産・育児記

「酒好き女の妊娠記」改、「妊娠出産・育児記」として書いていきます。

【バチェラージャパン】若さまに憧れる

若さまロス。。。

 

男だったらマミちゃんを選ぶし、女として友達になりたい人を一人選ぶとしても、やはりマミちゃんを選ぶ。

 

しかし今ものすごく若さまに惹かれていて。この気持ちは何なのか考えてみた。

 

…お風呂で悶々と考えた結果、シンプルに「憧れ」なんだよなあ。

 

女は不安だと群れる。自分を確立するために人の目を気にして、持ってる物や付き合っている男のステータス、同じ女からの評価で他者からの鎧を作る。

わたしもそう。

人からどう見られるのか、そればかりを気にして他人の目を借りないと自分が見れなくて。

 

それがずっとしんどくて、変わりたかった。

 

若さまは、純粋な自分の努力で自分の鎧を作ってきた女の人。

二本の足でしっかり地に足をつけて、キリッと前を見据えて。しんどかったことも多いだろう。

だからかっこいいし、憧れる。

そんな風にして作り上げた鎧は、自分の一部として身についちゃっているから、外しにくいのだろう。

そこにコンプレックスを感じているあたりもまた、人間くさくてものすごく素敵だ。

彼女が今までどれだけ頑張ってきたかがわかる。

 

凛とした強い部分も、芯に隠した柔らかさや甘えたがりな部分も全て彼女の魅力。

しかし1番の魅力は彼女がきちんと自分と向き合ってきたこと。

本当かっこいい。

もっと見ていたかった!

 

会って話してみたいなー。

一緒にワイン飲みたい

 

 

 

 

 

バチェラーから学ぶ恋愛学 積極アプローチという名の感情の押し付け自己満

毎回バチェラーがはじまると、バチェラーのことが書きたくて書きたくて仕方なくなる!どうも、こばやしです。

 

突然ですが、わたしは恋愛が超絶下手くそ。恋愛体質で惚れっぽいのだが、アプローチがとにかく下手くそ。

「わたしは駆け引きとかできないから。好きになったら一直線だから!」なんてよくいっていて、自分の感情をストレートに伝えるのが良しと思っていた。

 

…が。

 

今回のバチェラー観てて、それがいかに痛い行為だったか痛感。

 

右手ちゃんのアプローチの仕方、まるで自分を見ているかのようだった。

 

気持ちが固まりだすと、相手にそれを伝えずにはいられない。

自分の言葉でさらに自分の感情が高まっていく。

相手だっていろいろ考えたいのに、間髪いれずに押しまくる

 

もっと伝えなきゃ!だって昨日より今日のほうがずっと好きだし!ってか1秒ごとに加速していくこの気持ち!伝えなきゃ伝えなきゃ伝えなきゃ伝えなきゃ!!!

 

→大概逃げられる

 

当たり前なんだが、恋愛って人と人とのコミュニケーションの上に成り立っているのだよね。

相手の気持ち(処理スピード)を慮れる思いやりが何よりもだいじ。好き、に至る導火線の長さは人によって本当に違うから。

せっかく少し火がつき始めていても、それは急かされた瞬間に消える。

 

だから待てる、引ける女がモテるのだよね。

 

しかし押せ押せ恋愛の人はそれが待てない。

わたしってば駆け引きできないから、ってわたしってば相手の感情とか無視しちゃうからって言ってるのとほぼイコールだよな、とやっと気づいた…

 

気持ちの押し付け自己陶酔。

もっと早くに気づきたかった…

 

バチェラージャパン シーズン2スタート

ミミの産後だだハマりしたバチェラージャパン。

 

2人目妊娠中にシーズン2がスタート!飲むことできないこの時期、夜の楽しみができるのはとてもうれしい。うれしすぎる。

友人とのバチェラー女子会は、アルコールなくともガンガン盛り上がるしね笑

 

バチェラーの何が面白いか考えてみたんだが、『普段可視化できない女の強烈な生態をみることができるから』これに尽きるとおもう。

 

〇〇な女っているよね〜

〇〇な女って嫌だ

 

しばし繰り広げられるこんな会話。

 

それに対し

 

まじ?そんな女いるの?!

そんな訳ないでしょ

 

と共感されないこともある。

特に会話相手が男性だったりした場合、かなりの確率で共有が得られない。

 

いるんだよ。女ってまじですっごいいろいろすげえからな

 

いくら説明してもし足りない、それを映像でリアルに見せてくれるのがバチェラージャパンだ。

 

婚活サバイバル、ってCMしてるけど、それより『女の生態観察ドキュメンタリー』のがしっくりくる。

 

それにしても指原のコメントが鋭い。よく見てる。そして他の女を使っての自分の見せ方がうまい。

なんやかんやで一番サラッと男を持っていくのはこのタイプで、近くにいたら怖いのだよね。

 

 

 

 

 

【第二子23週3日】旦那実家での突然の水下痢

ゴールデンウィーク

後半は旦那実家に一泊でお出かけ。

お正月以来だから、ミミは最初警戒してまさに借りてきたネコてきな感じだったものの、すぐに慣れて

「じじー!ばばー!!」

と大ハッスル。

 

子のこの順応力や…わたしも習得したいものだわ。結婚して2年。まだまだ義両親に敬語が混じるし、うまく話せないからね!

 

その日の夜はお刺身にサラダ。特製お好み焼き。

ミミのときには食べ物いろいろ気をつけていたけど、今ではざっくりしたもの。生卵や生肉系は食べないようにしているけれども。

 

夜、ミミを寝かしつけるために一足お先に就寝。旦那がべろべろに酔っ払って部屋に帰ってきたときに目を覚ます。

(んー。なんかお腹変かな。冷やしたかも…)

うっかり掛け布団をはいで寝ていたからか、少し張ったような違和感。

 

しばらく様子を伺っていると、突然身体の中でアラートが…!

トイレに駆け込みました。

そこからエンドレスで続く水下痢。。。泣

特にお腹が痛いわけじゃないんだけど、とにかく突然アラートが鳴り響く。

回数を重ねるごとにどんどん身体は怠くなり、重くしんどくなっていく。

 

結局翌日も全然止まらないので、そのまま実家にとどまることに。

ゴールデンウィーク帰省ラッシュ時にこの状態で高速のるなんて怖すぎる…_:(´ཀ`」 ∠):

薬も飲めないし、食べたら出るしで、とにかくただただひたすら身体を空っぽにして耐えつづけました。

 

結局水下痢が止まったのは、下しはじめてから4日目の朝…

長かった!辛かった!

身体の中がゴロゴロ楽器みたいだった。

 

最初は冷えかとおもってたけど。これきっと何かにあたったね。

…たぶんお刺身だね。

 

いや、まじでもう懲りました。

産むまでお刺身やめておこう…

 

 

 

 

【第二子17週6日】babynub 早期性別判断をやってみた 女王降臨

ミミ1歳8ヶ月。そして新たにやってきたみみっち17週と6日。

もう安定期か…!!!

二人目ってまじで時が経つのが早い気がする。

一人目の育児に追われてあまり気をかける暇がないというのもあるだろうけど、やはり1回やっていることだから、いろいろ気にしなくなっているのが大きいのだろうな。

ミミの時には

「おりものがたくさん出ている!」⇒ぐぐる

「なんか腰が痛い気がする」⇒ぐぐる

「いま赤ちゃんはどんな感じなのだろう」⇒ぐぐる

こまこまと、でもトータルすると多くの時間を赤ちゃんのための検索時間に使っていたけど、いまは時間ができたらひたすら漫画を読みあさる日々。ひとりきりのリラックスタイムは貴重だからね。

 

しかし今回「出生前血液診断」を受けたことで、ミミのときのぐぐり癖が一時復活。

年齢のことや、二人目ということもあって友人の進めて受けたのだけど、調べて結果を待つあいだはひたすらみみっちのことが気になってしまい、いろいろと調べる日々。

そんな中「babynub」という言葉を知りました。

早い段階で、かなりの確率で性別が当たるというbabynub。北海道の産婦人科の先生がネットで見てくれるらしいのだが、amazonのギフト券3000円分とエコー動画をおくるだけで見てもらえるという気軽さと、クチコミの高さからやってみることに。

なんでもいいからみみっちの情報を知りたかったんだよね。

夜の22時くらいに送ると、その日の深夜にはレスが!

 

『17~19秒で女児完全確定です。』

 

おおおおおお!女子!まさかの女子!

 

なんとなく男しか生まれないような気がしてたからびっくり。

R先生(babynubをやってくれる先生)が「確定」という時はほぼ100パーセントらしいので、「完全確定」ということはもうなにがあっても女なのだろう。

 

つわりの感じから、なんとなく気の強そうな子がいる気がするなと思っていたのだけれど、これで性別が女ということは女王のような子が生まれるかもしれない!

ぼんやりおっとり長男ミミ。大丈夫かな笑

 

性別がわかったことで、お腹の子の存在がなんだか明確になった。

うれしくて翌朝早速ミミにみみっちの性別を伝えてみる。

「この子女の子らしいよ~。お兄ちゃん」

ミミはしばらくお腹を見つけめると、わたしの口をぐいっと押してスタスタと立ち去っていった。

お腹のこの話をすると逃げていくミミ。

…かわいい

 

【産後みたよ 映画編】ブリジットジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期

f:id:kanae_kobayashi:20180131213321j:image

ブリジットジョーンズは昔からすき。

でもいまの方が好きかな。

 

お酒ののまれ方や、諸々あいたたたってところ、すごい共感するし懐かしくなる。

最初見たときはまだこんなお酒の飲み方してなかったから。

 

シングルだー彼氏ほしい!

そう言いながら、友達と飲み歩く日々。ベロベロに酔っ払って道端で大爆笑して。

鮮やかで、賑やかでめまぐるしかったあの頃をブリジットを見ると鮮明に思い出す。

 

そんなブリジットがベビーを妊娠!

なんか嬉しかった。

でも妊娠もはちゃめちゃで、彼女らしくて。

 

どうしても既成概念にとらわれがちな妊娠、出産をあんな風にやってのけるブリジット。

好きだわあ。

 

年齢を重ねるごとに観え方が変わるブリジットジョーンズ。

彼女が出産前した43歳になったらまた観てみよう

 

生後10ヶ月の赤ちゃんと行く!石垣の海満喫旅行

行ってきたよ、石垣島

10ヶ月のミミを連れて行くのは正直心配で心配で。

正直行く前は無理していかなくてもいいかも、なんてヒヨってました。

 

でも!でもでも!めっちゃ楽しかった!!

 

まずは羽田から石垣までビューン。

耳抜きが心配だから、耳にはたまごボーロをどんどん食べさせる。

最初ご機嫌だったのだけど、しばらくするとぐずぐず。

なんと、乗って早々のうんち!!

 

あるよね。そうだよね。して欲しくない時に限ってでちゃうよね!

 

機内のトイレにもオムツ換えシートでどうにか交換して(台がちっちゃくてハラハラしたものの、無事クリア)どうにか寝かせて。

ちょっとウトウトしたら着いたよ!石垣!

 

4泊5日の旅。連泊するのはフサキリゾートヴィレッジ。

ウエルカムベビーの宿が素敵だった。

部屋の中にはたくさんの絵本におもちゃ。赤ちゃんが自由に動き回れるスペース。

ベビーカーも貸出してくれるし、食事をとるレストラン(3箇所ある)でも毎回絶妙な温かさの離乳食を出してくれる。

もうね、なんかストレスに感じることがまったくないの。

 

ベビー用のプールもあるし、歩いてすぐのところにビーチもある。

日焼けや熱中症に最初かなりビビっていたけれども、こんな至近距離で部屋があったらなにも気にせず遊べちゃう。

スタッフもみんな優しいし、ミミは終始満面の笑みの絶好調。

ビーチに面したバーベキュー場でディナーを食べた時には、エイサーも見ることができて。ミミは大きな音にビビるどころか、ノリノリ。旦那に肩車されて舞台で踊ってた。めっちゃ楽しかったようで、帰ってきたいまも動画見ては笑ってる。

子供椅子に座ってごはん食べられるようになったのも、麦茶を飲めるようになったのも、つかまり立ちをしたのも石垣に来てから!めっちゃ成長しちゃった。

 

1日目

18時ホテル到着。

ディナー後就寝

 

2日目

川平湾でグラスボート

三線の体験教室

三線は雨予定だからいれたけど、あんまりだった・・・ミミが動き回って練習はゆっくりできず)

 

3日目

ダイビング

念願の!!!産後初のダイビング。まさかこんなにすぐに潜れるとは思ってもみなかった。前日から楽しみすぎてあまり寝られず。

子連れダイビングを実現してくれたのは、ダイビングショップクローバー。

平日だったのもあり、子連れ満喫スペシャルコースで連れて行ってくれました!

・旦那(ダイビングライセンスなし)シュノーケリング(わたしとミミはボート待機)

・わたしダイビング(旦那とミミはボート待機)

・旦那の体験ダイビングの予定が、船に酔って潜れなくなってしまったため急遽サップボードに変更。わたしも体験。運動神経ないわたしでもボードに立てた!思った以上に早く進めて楽しい。

・ミミに水中グラスで魚を見せてくれる

・ランチ

・わたしダイビング(旦那とミミはボート待機)

 

授乳場所もつくってくれてあって、スタッフの方々は皆ミミを全力で可愛がってくれて、これまた本当にノーストレス!!

心の底から石垣の海を楽しめた!!最初は旦那にミミを預けて自分ひとりでボートダイビング(1本)にいくつもりだったからな・・・そうしたら胸は張るし、ちょっと後ろめたい気持ちがあっただろうし、いろいろ心配で引っかかるものがあったはず。

本当ありがたいヽ(*´∀`)ノ

 

4日目

竹富島

水牛車

グラスボート

きれいだったけど、暑かった。ひたすら暑かった。

逃げ場無い感じ。赤ちゃん連れだときついな。ちょっと歩いただけでもミミが心配になってしまい、正直あまり楽しめなかった。

その後お土産購入

沖縄そばが好きすぎて大量購入。

 

5日目

10時の便で羽田へ

 

こんな感じ。

赤ちゃん連れの海好きな人には石垣本当におすすめ。

わたしは最高にリフレッシュしたし、ミミはかなり進化した。

なによりも見たことないような満面の笑みを見せてくれた!

 

あーたのしかったよー。また行きたいよー。